釣りの豆知識 釣り・テグス用語集 あ行

 
 

●青物
背部が青く艶のある中層魚。

マアジ、サバ、イナダ、メジマグロなどが挙げられる。
筋肉が非常に発達しているため泳力が強く、ルアー釣りのターゲットとして人気があります。

 

 

●上げ潮(あげしお)
潮の満ち引きで干潮から満潮に向かう間の、海面が上昇しつつある潮のこと。
【差し潮(さししお)】とも呼びます。

逆に満潮から干潮に向かう間の、海面が下降しつつある潮を【下げ潮】または【引き潮】と呼びます。
【上潮(うわじお)】と非常に似ていて混同しやすいが別意。

 

 

●アタリ
魚がエサに食いつき、竿先やウキに動きが出ること。

 

 

●合わせる
魚がエサをくわえた時などを狙って、ハリを魚の口にひっかけるために
竿を大きく動かしたり、引っぱる事。

 

 

●アングラー【angler】
フライやルアーで魚を釣る人。釣り人。釣り師。

 

 

●入れ食い
仕掛けを入れるたびに魚が釣れること。

 

 

●ウキ(浮き)
フック(釣り針)や仕掛けを一定の水深に保つためと、アタリを判別するために
道糸(ライン)の途中につける釣り道具です。
形状は円形か円柱状のものが多く、狙う魚、釣り場、ポイントなどにより種類やサイズを選びます。
夜釣り用に電気式のウキなどもあります。

 

 

●ウキシタ
ウキからハリまでの長さ(深さ)のこと。タナと同意語。

 

 

●ウキ止め
ウキを決めたタナで止めるための糸や専用具のこと。

 

 

●上潮(うわじお)

海面に近い潮の流れの事。

【上げ潮(あげしお)】と非常に似ていて混同しやすいが別意。

 

 

●お祭り
仕掛けや道糸が隣の釣り人同士で絡むこと。
流れの速い場所での船釣りではよくおまつりになる。

 

 

釣り具ネット公式チャンネル
フェイスブック
 
 
漁業用
レジャーフィッシィング
ビーズクラフト
食肉加工
鳥よけ
草刈り用カットコード
美術作品・インテリア
ディスプレイ・POP・展示
服飾
ラジコングライダー曳航索