釣りの豆知識 釣り糸の結び方 ハリと糸


■ハリと糸<1>

ハリと糸<1>

(1)糸の端で輪を作り、ハリの軸を添える。
(2)ハリの軸に糸を4~8回ほど巻きつけていく。
(3)最初に作った輪に糸を通す。
(4)糸を引いてしっかりと締める。余分な糸を切る。

■ハリと糸<2>

ハリと糸<2>

(1)糸の端で輪を作り、ハリの軸を添える。
(2)輪の中に糸を通す。
(3)これを繰り返して、ハリの軸に5、6回巻きつけていく。
(4)糸を引いてしっかりと締める。余分な糸を切る。

■ハリと糸<3>

ハリと糸<3>

(1)糸の端で輪を作り、ハリの軸を中に通す。
(2)さらにもう一つ輪を作り、チモト側からハリの軸を通す。
(3)もう一度輪を作り、今度は針先からハリと糸の端をくぐらせる。
(4)糸を引いてしっかりと締める。余分な糸を切る。
小さな魚だが、背びれに毒線があり、その毒性は非常に強い。
釣り具ネット公式チャンネル
フェイスブック
漁業用
レジャーフィッシィング
ビーズクラフト
食肉加工
鳥よけ
草刈り用カットコード
美術作品・インテリア
ディスプレイ・POP・展示
服飾
ラジコングライダー曳航索