釣りの豆知識 釣りのマナー


池や海岸へ行くと、時々丸まった釣糸(テグス)、釣針、ルアーなどが落ちています。
落としたもの、捨てたもの、取れなくなって放置したものもあるでしょう。

困ったことにルアーは魚のようです。
また、釣針を飲み込んで死んだ魚が捨てられていることもあります。
これらは野鳥を誤解させるには十分な「仕掛け」で、
野鳥が餌と勘違いしてつついた途端に針が引っかかることがあります。

また釣糸(テグス)は透明で、品質が向上したためなかなか劣化しません。
そのため水辺で生活している野鳥の脚に絡まってしまうことがあります。

絡まった釣糸・釣針は、野鳥の力では取れません。
その結果、脚を失ったり、飛び立てずに野良猫・野良犬に襲われたり、
餌をとれずに死んだりしてしまうのです。 

改善策
「釣糸・釣針を放置しない」
もちろん拾うことも直接的な効果があります。
しかし ずっと県内の海岸や池・川の周りを清掃し続けることはできません。
根本的な解決は、やはり釣り愛好者に、「釣糸・釣針を放置しない」というマナーを守ってもらうことです。

そのために何ができるでしょうか。
どうも多くの釣り人は、釣糸・釣針問題は単なるゴミ問題と認識しているようです。
ですから、放置された釣糸・釣針が野鳥の命を奪っているのだ、
と積極的に知らせていく必要があると思われます。

ぜひ皆さんも、機会があれば身近な釣り人に、釣糸・釣針を捨てないよう働きかけをお願いいたします。
釣り具ネット公式チャンネル
フェイスブック
漁業用
レジャーフィッシィング
ビーズクラフト
食肉加工
鳥よけ
草刈り用カットコード
美術作品・インテリア
ディスプレイ・POP・展示
服飾
ラジコングライダー曳航索